Vita Lakamaya, far beyond the past, far into the future.

物語は森の中の霧のようにあらわれ、旅人を拒む。

異界の住民の侵入者へのまなざしは畏れと哀れみをたたえて暗く光る。

道標を失った旅人を守るものはなにもない。

ただ、森の中に溶け込んでしまった「彼ら」の神話だけが、ひっそりと、

世界の摂理の道しるべのように繰り返されている。  

もっと見る

© Akihito Izuhara,Ikuko Mizokami